田中美佐展/ベルント・フリーベリ展

2013.05.10 Friday



「田中美佐展 4/27-5/12」
Mid-Century MODERN



「ベルント・フリーベリ展 4/28-5/19」
ELEPHANT

会期の終了が近づいていたので急いで見に行ってきた二つの展示会。
田中美佐さんは磁器とガラスという異素材を組み合わせた作品を制作する現代作家、ベルント・フリーベリは北欧のミッドセンチュリーを代表する陶芸家。国も年代も作風も違う二人だけど、とても薄く繊細で緊張感がある点は共通して良いなぁと思う。

笠間 (陶炎祭)

2013.05.06 Monday

GWは友人と笠間に行ってきました。
益子には何度か行ったことがあるのですが笠間は初めて。











都会とは違うこの空気感だけで満足ですが、今回の目的は陶芸体験。
以前陶芸教室に通っていたものの、ここ数年は何もしていなかったので上手く出来るか不安だったのですが、久しぶりでもなかなか出来るもんですね。







作ったタンブラーと茶碗は1か月半後ぐらいに焼きあがるそうなので楽しみです。
その後は、陶炎祭(ひまつり)へ。
やはりGWということもあって大賑わいでしたが、販売されているものはピンキリで土産物屋のようなお店もいっぱいありました。











個人的に気になったのは清ら工房の船串 篤司さんのブース。
金属的な質感の釉薬が良かったので、ぐい呑みを購入しました。
ぐい呑みとしてだけでなく小鉢としても使えそうです。







普段は海外の作品を扱っているのですが、やはり和陶器も良いなぁとしみじみ感じた旅でした。

Franklin and Jefferson / Charles & Ray Eames

2013.05.03 Friday





イームズ映画「ふたりのイームズ 建築家チャールズと画家レイ」の中でも触れていましたが、この展示は初めてイームズ夫妻が批判された展覧会。
確かに展示は情報過多だったかもしれないけど、図録はうまくまとめられていてすごく見やすい。

the world of Franklin and Jefferson

カリフォルニア・デザイン 1930-1965 −モダン・リヴィングの起源

2013.04.29 Monday







ルーシー・リー展以来なので、3年振りに訪れた国立新美術館。
目的はもちろんカリフォルニア展です。
ミッドセンチュリーのカリフォルニアで起こったモダン・デザインを紹介するこの展覧会はイームズの家具だけでなく、ファッションや工芸品・玩具や建築など幅広く展示されていてかなり興味深い内容です。会場も広いのでじっくり見てると結構時間がかかります。
その中でも特に気になったのがラガード・タケットの彫刻作品とナッツラー夫妻の大きなボウル。
どちらも写真では見たことあったけど、実際の迫力はやはりすごくて見入ってしまいました。








その他にもシンドラーとノイトラの家具、ボブ・ストックスデールのウッドボウル、ケッペル社のラウンジチェア、グロスマンの照明など日本ではなかなかお目にかかれないものが多数です。
こんな機会は滅多にないのでゴールデンウィークが終わったらもう一度行こうと思います。

Eyeshade Desk Lamp (Green) / George Nelson

2013.04.24 Wednesday







お問い合わせの多かったジョージ・ネルソンのアイシェードが再入荷しました。
前回のホワイトのアクリルも綺麗ですが、今回入荷したグリーンのアクリルも春らしい明るい印象でおすすめです。

Eyeshade Desk Lamp